貸倉庫・貸し事務所image01 貸倉庫・貸し事務所image02 貸倉庫・貸し事務所image03

起業のハードル

起業を行うにあたっては、様々なハードルをクリアしなければなりません。
その中でも、色々と面倒なのが会社の「場所」に関することではないでしょうか。
そう、会社を作るためには本籍地が必要です。その情報は公開されますから、自宅の住所をそのまま使うというのも、はばかられるというか、後々面倒になりそう……。

ですから、できれば専用の事務所を手に入れて、きちんとした住所と電話番号が欲しいですよね。
更に言えば、商品在庫などを扱う倉庫もきっちり使って行きたいものです。
しかし、不動産というのは非常に大きな財産であり、手に入れるのは大変です。

そこで、起業の際には、貸し事務所や貸倉庫を利用している、という人も多いのでは。
自前で場所を用意するのに比べればかなり金銭的負担は安く済みますし、長い目で観ても、会社の状況に応じて場所を変えればいいと考えれば、結果的には投資としての効果も大きいことが多いでしょう。

貸し事務所でも立派に登記することができますし、どのように活用するか、かなり自由が効く場合も。
また、一口に貸し事務所といっても、実はいろいろな契約の形態があります。
バリエーションも広がってきて、自分のスタイルに合わせた事務所選びが可能です。

近年では、ウェブショップが広がるとともに、貸倉庫の需要も高まってきています。
そうしたショップを対象に、出荷までを行なってくれる形式の貸倉庫も増えてきており、ますます便利に使える時代です。

貸倉庫や貸し事務所を利用して、自分のスタイルにあった起業を目指してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加