カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

弁護士の仕事とは

おばさん

弁護士とは、依頼を受けて法的手続を当事者の代理人として行うほか、各種法律事務の処理に当たったり、法廷において被告人の弁護人となり弁護や主張を行うことを仕事とする職業、またその職につくことのできる資格を持った者のことを指す言葉です。
日本において、その資格は弁護士法によって定められている国家資格となっており、弁護士になるためには法科大学院課程を修了し、司法試験に合格した後、司法研究所にて司法修習を1年間行うのが一般的です。

税理士とは何か

事務所

税理士とは、税理士法によって定められた国家資格であり、またその資格を有する者のことを指す言葉です。
税理士は納税者からの以来を受け、個人向けとしては各種税金の申告の代理や税務書類の作成を、企業では法人税や所得税および住民税などの税理事務処理、株主や役員などの相続税対策や所得税対策を行う事を仕事とする職業です。
税法は非常に複雑で難解な法律であり、また改正される事も多いため、知識のない者が申告・納税を行う事は難しいものです。
そこで税の専門家として納税者に代わって手続を行うのが、税理士と言う仕事なのです。

公認会計士とは何か

会社

公認会計士とは、会計に携わる資格の中で最高位の資格であり、監査及び会計の専門家として、財務状況を計算し証明書を作成する事などを職務としている職業です。
公認会計士になるためには、公認会計士試験に合格し、その後二年以上にわたって公認会計士や監査法人を補助する業務補助、あるいは財務監査やそれに関する実務に従事し、さらに修了審査に合格しなければならないのです。
監査業務に関しては独占的に業務県が与えられているため、専門性の高い職業として重要であると言えるでしょう。

弁護士の活躍の場

書類

弁護士は法律の専門家として知られていますが、普段の生活の中で起る様々なトラブル、いわゆる民事事件に関する法律相談に応じたり、和解や示談の交渉を行う、そして訴訟などの業務を行います。
民事事件では借金問題の解決、相続の問題、離婚の問題、交通事故の解決など様々な分野の問題の解決に対応しています。
さらに刑事事件においても被告人に対する弁護人として活躍しています。
弁護士の業務は実に幅広く、その豊富な法律の知識を用いて、様々な事件の問題の解決をサポートしてくれます。

税理士の独占業務

手元

税理士は税金の専門家で、税務一般が主な仕事となっています。
税金に対する様々な相談に応じたり、税務書類の作成や税務署への申告の代理なども行います。
税務代理や税務書類作成、税務相談は税理士の独占業務となっています。
さらに豊富な税務や会計の知識を活かして、会計業務や経営コンサルティング、税務や会計に対するコンサルティング、相続や事業継承に関するコンサルティング、税務補償の保佐人など幅広い分野での活躍が期待できる資格です。

アーカイブ
カテゴリー